HOME

 

新着履歴情報

キャッシング活用

 銀行などの金融機関が利息を得る目的で会社などの資金を必要しているところに貸し出すことを融資と言いますが、個人向けの小額のサービスをキャッシングと言います。
 キャッシングを行う理由は、主に住宅や自動車、進学費など数百万円以上の高額商品を購入するときが多いとされています。そして家具や家電製品、ブランド物など高価な商品を購入する際は直接現金をキャッシングせずに信販会社やクレジット会社が立て替えるショッピングクレジットでの分割が一般的です。
 キャッシングの仕組みとしては、一定の定められた範囲でお金を借り出せるようになっています。
 限度額が定まっていますので非常に便利なキャッシングですが、自分自身の収入や支出などをきちんと考慮していないと、後々返済に追われ大変なことになります。返済のメドが立たないままキャッシングを続けてしまうと、最悪の場合自己破産に追い込まれることもあります。
 そしてキャッシングには返済のリスクだけではなく、返済時に利息が掛かります。この利息で金融機関は成り立っている訳ですが、現金で払えるような少額の買い物にキャッシングを利用すると、損をしてしまうことも考えられます。
 また、返済が滞れば利息は膨らみますし、逆に返済を早く済ませればこの利息を少なくすることも可能です。
 決められた範囲でお金を借りることができるので便利ではありますが、返済計画はきちんと立てましょう。あくまで借りているお金であることを念頭におき、活用していくことが大事です。

HOME